■【必読!】出会い系サイトで業者に出会わない方法

業者お断り!

ここでは出会い系サイトで業者女に出会わない方法を解説します。

熟女のみならず20代、30代の女性を狙う場合にも対応した解説をします。

業者とは・・・

出会い系サイトをやっていて一番腹が立つのはいわゆる「業者」の女に引っかかることです。

業者とはいくつか種類があって

  • 風俗嬢を派遣させる業者
  • 個人営業で援交まがいの事をしている女

などがいます。

風俗嬢と言っても素人からプロまで色々なタイプが居て、出会い系サイトで適当な写真と名前で登録させて、片っ端から足あとを付けたりメッセージを送ってきたりして交際をほのめかします。もちろん業者がやっているだけなので女性本人が何かしている訳ではありません。

個人営業で援交まがいの女性も個人でやっているだけでやっていることは上記と一緒です。この場合も写真は本人でない事が殆どです。(もちろん年齢なんて適当ですw 大体20代前半が多い。個人営業の女性は20代後半が多い傾向)

僕も今まで数回引っかかった事がありますが(苦笑)、とんでもないババアがきたり写真とどう見ても違う女性が来たことがあります。まぁ僕の場合は熟女専なので熟女で構わないのですが、さすがにどう見ても70歳くらいのおばあさんだった時は素直にお引取り願いましたw

ですが色々問題もあるので待ち合わせして話を聞いたときに、明らかに業者だった場合は素直に「ごめんなさい。好みに合いませんでした」と伝えてお引取り願っています。(これは後述)

話をもとに戻して・・・。

彼女らは仕事でやっているだけなので、そこに気持ちのイイ情熱的なセックスはありませんし、一発終われば速攻帰ります。フェラ3分で発射してしまってもそれで帰ってしまいます。当然出会う前に何らかの金銭的要求は発生している場合が殆どなので、ホテル代と別に1万円とか言われて素直に1万円払っていたら3分1万円のソープ、ということになります。

彼女らはまさに「流れ作業」でセックスをしてるだけなので、終わったら次の相手が待っている訳です。

本当に『素人』で1日いちゃいちゃしたり、楽しく食事したりした後にセックスして1万円とか2万円なら僕は喜んで払いますよ。

これが風俗のプロだったりしたら激おこぷんぷん丸ですよ。

どうしてこんな事をしているのかというと、なかなか売上が上がらない風俗店が組織的にやってる場合と個人営業の女性の場合は単純にお金が欲しいだけなのです。(もともと風俗嬢だった女性が個人営業でやってる場合が多い。店に中抜きされないですしね)

また個人営業だったりデリヘル崩れのお店だったりする所はマトモに性病の検査もしていないのが大半なので、クラミジアとか淋病とかうつされる危険性が非常に高いです。だから前述の通り私の場合は一切関係を持たないようにしています。

まぁ別にお金払ってでもセックスしたい、って人には構わないかも知れないですが、それならまともな風俗店行ったほうがまだマシだと思います。こういう業者から派遣されてくる女性って凄いのが来ますよ、大抵w

業者の女を避ける為には・・・

さて、こういった業者の女を避けるにはどうしたら良いのでしょうか?

業者の女の場合、いくつか特徴があります。

  1. プロフの写真が怪しい
  2. プロフの紹介文が怪しい
  3. 日記やひとりごとなどを一切書いていない
  4. 待ち合わせに特定の駅を指定してくる

1のプロフの写真についてですが、誰が撮ったんだよっていう決めポーズの写真だったり、口元をハートマークで隠していたりすると業者女の可能性大です。
あと、いかにも男を誘ってる写真ですね。「これ載せたら男がホイホイ寄ってくるだろう(ひっひっひ)」てな写真です。
ただモテない独身男性(特にオッサン多し)がこういう写真に引っかかるケースが多いので業者的にはやめられないのでしょう。

業者女

こんなあからさまな罠に引っかかるかボケ!

僕の足あとにも似たような業者女が沢山足あと付けていきますが、多分同じ女性です。この前は全く同じ写真で口元の隠し方が違ってる業者女が数分差で足あと付けて来たことがありました。あれには笑いましたねw

普通素人の女性はハッキリ顔出したりしません。特に熟女の場合は夫バレや他人にバレることが一番怖いので顔を出したりすることはまずないです。顔の一部だったり後ろや横顔(髪で隠して顔自体は見えない)だったりします。

2のプロフの紹介文ですが、これはもうあからさまにセックスのことについて語ってるヤツは業者女の可能性大です。ただこれは出会い系サイトを始めたばかりの男性は結構コロッと引っかかっちゃいますから気をつけてくださいね。

例えば・・・「一人の夜が寂しくて。。。」「仕事一筋で頑張ってきたけど、出会いが無い事に気がついて。。」とか肉体関係を匂わす文言を書いている場合はかなり怪しいですので気をつけた方が良いです。

3の日記やひとりごとを書いていない、というのは業者の典型です。だってアカウント沢山作ってデリバリーする女性を管理して、いちいち適当に作った女性アカウントで日記とか書けないでしょ。面倒くさくて。

本気でエロが我慢出来なくて出会い系サイトに来てる熟女は居ます。間違いなく。(だってそういう人達と沢山セックスしてきたから)
でもそういう人達は必ずとは言えないけど日記や独り言を書き残しています。彼女らは「見て欲しい」んです。いわゆる「承認欲求」の塊、みたいな女性もいます。

特に20代・30代女性で日記もプロフもロクに書いてないってヤツは99%業者アカウントだと断言出来ます。

4の待ち合わせ場所に特定の駅を指定してくるのは業者の特徴です。実際にすぐ会えて体の関係持てますという女性の場合、業者がその時予定が空いている女性を派遣させるので、駅を指定することが多いのです。よく有るパターンとしては、池袋東口・錦糸町・五反田などがありますね。

業者では無いですが・・・

さてここまで業者女の話をしてきましたが、まったくヤれない女性のジャンルがもう一つあります。

それが「パパ活女子」です。

ここ最近流行ってるパパ活ですが、あくまで食事をしたりしてお金を渡すという行為なので援助交際とも言えるのですが、体の関係を一切お断りされるので、そういう事を求めて出会い系サイトに登録してる男性側からすると彼女らと出会うメリットは全くありません。

仮にデートの約束が取れたとしても、間違いなくヤれません!

まぁパパ活の場合はプロフィールで「パパ探してます」とか「P活希望です」というワードで書かれているので簡単に避ける事が出来ます。

問題はこの「パパ活」が以前は20代女性の専門分野だったのに、最近は30代女性にも広がっているんです。(たまに40代女性でP活とか言ってるバカが居ますが・・・(苦笑)

30代後半から40代でもパパ活をしてる女性がいるので、熟女を探してサイトを巡っているとたまにぶち当たる時があります。

仮にやり取りを始めたとしても途中で「あ、これはパパ活だな」とすぐ気づくと思うので、そういう場合は「もしかしてパパ活希望ですか?」と素直に聞いてみましょう。向こうもそういう気だったら合う気もないと思うのでそっとお断りリストに入れてあげましょう。

まとめ

まぁ20代のピチピチギャルとセックスしたい!と思うのは山々ですが、そもそもそんな女性は出会い系サイトなんて利用しません。20代でいるのは上記の「パパ活」か女性になりすました業者かのどちらかです。

まぁ僕はそもそも若い女性にまったく興味が無いので、こういう事言うのもアレなんですが、、

「だから熟女を追い求めよう!!」

熟女最高です。そりゃあ20代女性に比べれば身体のラインだって崩れてる人多いし、香水がキツイ人も居たりします。

でもそれが何だって言うんですか。

中には「えっ!?こんなおしとやかな女性が?」っていう位、清楚で美人な熟女に当たる事もあります。その色気たるやとても若い女性に出せるものではありません。

香水キツイ人だって服脱がせてお風呂に入って洗ってしまえば、あとベッドに直行ですからね。香りなんて気になりません。

言っときますけど40,50代の女性は欲求不満の溜まり方が半端ないので、『どエロ』ですよ!

という訳で、、皆熟女を探しにいこう!!!w

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする