■出会い系サイト広辞苑

足あと【あしあと】ー出会い系サイトでつく女性からのアクセス。ただし女性側は設定で「足あとをつけない」という事が出来るので、足あとが無いのにメッセージが届いたりすることは良くある。
またログインしたあと僅か数十秒で足あとがつくのは業者の可能性が高い。

苺【いちご】ー「ホ別苺」などと言った隠語で使われる。ホ別はホテル代別(これは当然男性側が払う)で苺はいちご、つまり1.5の事。1.5は15,000円の事になるので、ホテル代は支払って貰って15,000円ください、という意味。援助交際の時によく使われる。ホ別2なら20,000円の事。

燕・非燕【えん・ひえん】ー燕(えん)は援助交際の事。つまりお金がかかるという意味。非燕はその名の通り非援助交際なので、お金はかからないということ。

大人の関係【おとな の かんけい】ー「大人の関係希望です」と書かれる事がある。つまりはお金を払ってセックスしませんか?の意味。

業者【ぎょうしゃ】ーデリヘルなどの本来の業者や、個人でやっているデリヘル嬢崩れの女性のことを指す。出会い系サイトではプロフの写真の女性とアポを取ると、全く違う女性が派遣されてくることがある。これが業者がやる手口。
もちろん風営法の許可など取っていない悪い筋の人達が出会い系サイトで営業している場合もあるので、なるべくは手を出さない方が良い。

サイメ【さいめ】ーサイトメールのこと。男性側から送るとポイント消費する為、サイメでやり取りするのを避ける傾向があるが、これを怠ってすぐにLINEやカカオトークのアカウントを聞こうとすると女性側に嫌われる可能性高し。

シンママ【しんまま】ーシングルマザーの意。

即ブロ【そくぶろ】ー即ブロックの意。使用例「プロフ読んでなくてメッセージ寄越す人は即ブロします」

定期【ていき】ー定期的に会う約束を取り付けることが出来た女性のこと。

DBS【でぶす】ーその名の通りデブでブスの女性のこと。自虐的に女性が自らの事を言う場合もあるが、少しぽっちゃりしているだけなのにネタで言っているだけの場合があるので、本物と嘘を見破らなければならない。

パパ活【ぱぱ かつ】ーここ数年流行りだした20代から30代女性に広がる「セックス無しの援助交際」の事。出会い系サイトの一部では援助交際をほのめかす言葉がNGワードになっていて投稿したり出来ないので、「P活」「優しいパパさん」「懐の大きいパパ」などと書かれて募集されている。

非燕【ひえん】ー燕・非燕の項目を参照のこと。

ピシマ【ぴしま】ー出会い系サイト「PCMAX」の意。

ミケポ【みけぽ】ー3桁の体重(100kg超)のぽっちゃり女性のこと。ぽっちゃりというよりデブと言った方が近い。

諭吉【ゆきち】ー読んで字のごとく。1万円のこと。使用例「昨日あったコさぁ、1諭吉で済むと思ったけど交通費くれとかなんだかんだで2諭吉も払っちゃったよ」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする