会ってきた

茶道のお師匠さんとテンションMAXでセックス【50代・東京編】

投稿日:5月 12, 2018 更新日:

着物着た女性ってなんかすんごい色気感じません?

いや待てよ、着物に限らず白衣にも萌えるし・・・スーツ姿も素敵だし・・・ってコスプレ好きなんかい!

メッセージでやり取りしたところ「茶道の先生をやってるの」とのこと。キタコレ!!!

「ぜひ着物姿でお会いしたいです!!」と伝えたんですが、着物来てラブホ入るのに抵抗があるとか、脱ぎ着が大変だし・・・という理由で洋服で来られました。

和服で会ってみてぇーーー。まぁ今回は仕方ないでしょう。

50代と言っていたけども確かにお肌は目尻のシワは少し目立つが色白美人でテンションMAXでございます!

芸能人で言うと吉田羊さんに雰囲気が似ている感じ。いや原田知世って感じか?

早速ホテルにINして洋服を脱がせてみると・・・おぉおおおおおおお!

細身な超きれいな色白肌にDカップ!確かに歳相応の崩れは出てきてますが、一体それが何だっていうんでしょうか?

これこそ熟女好きの本懐でございます。

しかし姿勢が良いせいなのか背中のラインがすごいキレイ。

まずは一緒にシャワーを浴びて洗いっこします。

本人は非常に恥ずかしがって最初は先にシャワールームに行かせましたが、なし崩しに後から入っていきました。

最初はイヤーって言ってましたが途中からワタクシの愚息を石鹸で丁寧に洗ってくれましたよ!

もうその時点でビンビンな訳ですが、ここは我慢してベッドに向かいます。

「ホント久しぶりだから、、優しくしてね、、」

「ええ、そりゃもちろんですよ!」

背中が感じるというので、背中→うなじ付近をナメナメしつつ背後からおっぱいに両手を伸ばしモミモミします。

「はぁぁぁん、はぁああああん!!!」

しばらく舐めたあと下に下がっていきお尻方面へ攻めていきます。

「いやぁぁん、そんなとこ舐めないでぇーーー」

と叫びつつもアソコからはダラダラと透明の液体が・・・この奥さんスゲェや・・・

もうこちらも我慢出来ずゴムを付けて挿入します。知世さん、入れますよー。

「あぁぁぁぁぁぁぁん!!!」

奥さん、いちいち声がデカイっす。

「だってもう久しぶりだから・・・」

正常位でひとしきり突いたあとはバックにして楽しみました。

あまりの感じ方にこちらも我慢出来ずあえなくバックで撃沈。

さすがに写真はNGってことで撮らせてくれませんでした。。

すごい汗だったので体を拭いてあげつついろいろと話を聞きました。

曰く、旦那さんは20歳も離れた人で今はもう別荘の方に行っていて自分の趣味だけで暮らしているそうな。

そりゃあ体も寂しくなりますわな・・・。

その後2回戦に突入し、色々な体位で楽しみましたよ。

知世さんが「騎乗位ってやったことないからしてみたい・・・」というので、とりあえずシックスナインの形になって知世さんのマンコをいじくり回します。ちょっと薄毛なのかな?

アソコに指を1本入れつつクリを集中的にペロペロすると知世さんの腰がクイックイッと動きます。

「んグッ!はぁん、ダメぇ、、フェラ出来なくなっちゃう〜」そう言われると更に攻めたくなりますよね、男だもん。

「んグッ!いやぁっ!ああぁぁん!ダメっ!我慢出来ない〜」

「僕のもビンビンになってきたんで、そのまま入れてもらえます?」

知世さんがゼエゼエ息をしながらチンポに跨がった。知世さんのアソコはかなり狭い。クリ攻めでビショビショにしてやったけど、チンポを入れようとするとまず括約筋に当たる。

「あぁっ!いやっ!おっきい・・・!」

太さは普通だけども長さに自信がある僕のチンポが知世さんのアソコにめり込んでゆく。

メリメリメリ、スブっ!ズチャッ!

「あぁぁぁっ!入ったっ・・・!おっきいの全部入ったっ・・・!」

知世さんは気持ちよさを倍増させるように腰をゆっくりと動かし始めた。前後にゆっくりと動かす。

「イイッ!すごい音してるっ・・!」ずちゃずちゃ、愛液が流れ出てアソコがこすれる度に音がします。

知世さんの腰の動きが段々と早くなってきた。

「ああぁううう、気持ちいいっ!ダメっ!気持ち良すぎてい、いっちゃう!・・・」

ビクッ!と体が引きつり知世さんが倒れ込んできました。

「はぁぅ、はぁっ、逝っちゃった・・・」

「じゃあ今度は膝を立ててみて。そう、和式のトイレでするような感じで座ってみて」

知世さんの体を起こして膝を立てさせます。

「あぁっ!!すごいっ!!奥まで入ってくるっ!!」

今度は前後では無く上下に動くように指示します。ちょっとMっ気があるのかな?知世さん。

「何してるんだ、早く上下に動かすんだよ」優しく命令口調にしてみると、

「はぁっ!はい、わかりましたっ」これはMですね、間違いなく。オマンコもキュッと締まった感じがしました。

パンパンパン、上下にリズミカルに動かす度に知世さんのお尻が打ち付けられる音がします。

「あうぅぅぅっ!あぅぅぅぅっ!いっくっ!いっくぅーー!」

知世さんはあっという間に逝ってしまいました。僕は体を起こして対面座位の格好になります。

ベロチューをしながらオッパイを揉みしだき、知世さんをキツく抱きしめます。

対面座位の格好でお尻をグイッと鷲掴みにし、強制的に体を上下させました。

小柄で体重の軽い知世さんは簡単に動きます。

パンパンパンパン、パンパンパンパン。もうオマンコからとめどなく愛液が流れ出ているので、僕の股間もびしょびしょです。軽く潮を吹いてるかも知れません。

「あぁぁっ!気持ち良いっ!はぅっ!ダメ!逝っちゃう、また逝っちゃう!!」

僕も気持ち良くなってきたので、右手でケツを鷲掴みしながら左手でお尻をパンパン叩きます。

「ああぁっ!ダメっ!感じちゃう!お尻感じるっ!!」

「うぅ!イクよ!!」

最後はお尻を思いっきり鷲掴みにしてチンポを下から突き上げました。

「はぅぅぅぅ、はぅぅぅぅ」

知世さんは完全に目が逝っちゃった状態で声がマトモに出ないようです。体もビクっビクっと痙攣したまま。

横に寝かせてチンポを抜くとオマンコから潮ともおしっこともつかぬものがダラダラと流れてきた。

別れ際「また会ってくれる?」と聞かれたので「もちろんです!!」と即答。

これはナイスなセフレをゲット出来たわ〜。

ナイスな熟女をゲットするためにはPCMAXがベストです。 熟女を探すにはココがベストだとわかりました。

出会い系サイトで熟女をゲットするための手順をまとめました。
まずはコチラを読んでからチャレンジしてみましょう!

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

熟女とSEXオススメ記事

-会ってきた
-, ,

Copyright© 熟女好き.com , 2018 All Rights Reserved.